エビフライの保存方法と賞味期限は?

執筆者:食品衛生責任者 牟田 元気(むた もとき)

エビフライが余った場合や作り置きしたい場合、
保存が必要になってきます。
では、どのように保存すれば良いのでしょうか?
こちらではエビフライの保存方法と賞味期限について紹介致します。

関連記事

スポンサーリンク

常温保存は?

エビフライ

常温で置いておくのは基本的にはNG。

ただ、お弁当に入れる場合があると思います。

お弁当に入れる際は、あら熱が取れたらお弁当に入れ
お弁当箱は直射日光に当たらないようにし、
できるだけ涼しい場所で保管します。
また、お弁当箱を保冷剤などで冷やしておくようにしましょう。

保存期間としては、お住まいの地域や室温(お弁当の中の温度)、味付けの濃さなどによって
変わってくるところはありますが、
夏場で4~6時間程度。
冬場、暖房の付いていない部屋などで12時間程度。室内が5℃以下の場合24時間程度。
それ以外の季節は6~12時間程度はもつかと思います。

ただし、あくまでも参考までに。

冷蔵保存は?

冷蔵保存する場合は、お皿に盛ってあら熱が取れたらラップをして
保存するだけでもいいですが、におい移りを気にされる場合は、
1本ずつラップに包んでジップ付袋に入れてできるだけ空気を抜いて保存します。

食べる際は、電子レンジで加熱をしてからラップを取ります。
このままでも食べれるのですが、もっと美味しく食べるなら、
ここからオーブントースターに入れて表面がこんがりするまで加熱すると
より一層美味しくいただけます。

保存期間(賞味期限)の目安は?

保存期間の目安は3日程度
それ以上保存するとエビフライが腐る場合があります。

冷凍保存は?

冷凍保存する際は、あら熱が取れてから1本ずつラップに包んで
フリーザーバッグに入れてしっかりと空気を抜いて保存します。

できれば、金属トレーの上にのせて凍らせるか、
急速冷凍機能が付いているならその機能を使用して凍らせると
エビフライの劣化が多少防げます。

解凍は?

食べる前日に冷蔵庫に移して自然解凍を行ないます。
電子レンジで解凍を行なってもいいのですが、
解凍ムラが出る可能性があるため注意が必要です。

解凍したら、電子レンジで加熱したのち、
ラップを取ってオーブントースターでこんがりするまで加熱するとよいでしょう。

保存期間(賞味期限)の目安は?

保存期間の目安は1ヶ月程度
それ以上保存すると冷凍焼けなどにより風味が落ちたり
油がまわってしまい美味しくなくなる可能性があります。

スポンサーリンク

腐ったらどうなるの?どうなったら食べない方がいいの?

  • 糸を引いている
  • ネバネバしている
  • カビが生えている
  • 変なにおいがする
  • 変な味がする
  • 油がまわったにおいがする

このような状態になっている場合は、食べない方がいいでしょう。
常温でしばらく置いておいたエビフライはにおいや味に変化がないか
しっかりと確認するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
エビフライはお弁当にも入れれるため結構重宝します。
常温で置いておく場合は、できるだけ涼しい場所で保管するようにしましょう。

数日保存したい場合は、冷蔵保存で
長期間保存したい場合は冷凍保存すると良いでしょう。

冷凍したものを解凍してお弁当にも入れられるため、
作り置きしておいても良いですね。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク


コメントを残す

CAPTCHA


当サイトの賞味期限表記について

⇒当サイトの賞味期限表記について

当サイトの保存期間はあくまでも目安ですので、
食べれるかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。