カレイの煮付けの保存方法と賞味期限は?

カレイの煮付けが残ってしまった場合や作り置きしたい場合に
保存が必要になるかと思います。

では、どのように保存すれば良いのでしょうか?
こちらではカレイの煮付けの保存方法と賞味期限について紹介致します。

スポンサーリンク

常温保存は?

カレイの煮付け

常温での保存は基本的にNGです。
ですが、置き忘れてしまった場合などはどのくらいもつものなのでしょうか?

これは、お住まいの環境や室温、味付けの濃さなどによって変わるのですが、
夏場は4~6時間程度。
冬場は12~24時間程度。(暖房の効いていない寒い場所、温度5度以下での話)
それ以外は6~12時間程度はもつかと思います。

ただし、においや味に変化がないか確認してください。

保存方法を一応書くと、ラップをするか、鍋に入れたままフタをして
直射日光の当たらない出来るだけ涼しい場所で保存するようにしましょう。

冷蔵保存は?

冷蔵保存する場合は、器に煮汁ごと入れてラップをして保存すると良いでしょう。
1日程度置いておいた方が味が染みて美味しいかと思います。

におい移りが気になるのでしたら、ジップ付袋に入れてしっかりと空気を抜いて保存すると良いでしょう。

保存期間(賞味期限)の目安は?

保存期間の目安は2~3日程度
それ以上もつかもしれませんが、せいぜい4日程度といったところでしょうか。

冷凍保存は?

冷凍保存は解凍した際に、身がボソボソとした食感になってしまうため
あまりおすすめではありません。

ですが、どうしても保存したい場合は、
煮汁ごとフリーザーバッグに入れてしっかりと空気を抜いて保存すると良いでしょう。

冷凍する際、できれば金属トレーの上にのせて冷凍するか、急速冷凍機能が付いている場合は、
その機能を使用して冷凍した方が劣化は抑えられます。

解凍は?

解凍は、食べる前日に冷蔵庫に移して自然解凍します。
電子レンジで解凍をすると解凍ムラが出てしまい、うまく解凍できないことがあります。

解凍後は、電子レンジで加熱するか、鍋やフライパンに出して加熱すると良いでしょう。

保存期間(賞味期限)の目安は?

保存期間は2~4週間程度
添えの野菜は2週間程度が目安となります。

それ以上保存してしまうと冷凍焼けなどにより食感が劣化してしまう可能性があります。

スポンサーリンク

腐ったらどうなるの?どうなったら食べない方がいいの?

  • 糸を引いている
  • カビが生えている
  • 酸っぱい味がする
  • 酸っぱいにおいがする
  • 変な味がする
  • 変なにおいがする

このような状態になっている場合は、食べない方がいいでしょう。
また、常温に長く置いておいた物はにおいや味に変化がないかどうか確認してください。
上記のような状態になっている場合は、食べない方が無難です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
カレイの煮付けは保存したい場合は冷蔵庫で2~3日程度は日持ちします。
4日がギリギリといったところでしょうか?

それ以上保存したい場合は、食感が変わる可能性がありますが、
冷凍保存すると良いでしょう。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク


コメントを残す

CAPTCHA


当サイトの賞味期限表記について

⇒当サイトの賞味期限表記について

当サイトの保存期間はあくまでも目安ですので、
食べれるかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。