ドライカレーの保存方法と賞味期限は?

ドライカレーが余った場合や作り置きしたいときに
保存が必要になってくるかと思います。
では、どのように保存すれば良いのでしょうか?
こちらではドライカレーの保存方法と賞味期限について紹介致します。

スポンサーリンク

常温保存は?

ドライカレー

ドライカレーの常温保存は基本的にはしない方が良いでしょう。
フライパン一つでドライカレーは作れるため、
余った分はそのままフライパンで置いておきがちですが、
暑い夏場などでは、傷んでしまいます。

保存するなら、冷蔵庫や冷凍庫で保存するようにしましょう。

ただし、お弁当に持っていくということも考えられます。
その場合、あら熱が取れてからお弁当のフタをして、
直射日光の当たらないできるだけ涼しい場所で保管します。

暑い夏場などの場合は、お弁当箱を保冷剤などで冷やしておくと良いでしょう。

保存時間を書くと、
暑い夏場などの場合は、6時間程度。
寒い冬場で暖房などの効いていない部屋の場合は12~24時間程度。
それ以外の季節は6~12時間程度でしょうか。

ただし、味の濃さやお住まいの地域、室温、湿度などによって変化しますので、
上記の時間はあくまでも参考程度にとどめておいてください。

湿度の高くなる梅雨時期も傷みやすいので十分注意が必要です。

冷蔵保存は?

ドライカレーとはカレーの水分がないものが一般的ですが、
カレー味のピラフのようなものもドライカレーということがあります。

カレー味のご飯の場合は、冷蔵保存すると
ご飯のデンプン質が劣化してしまい食感が少々変わってしまいますので、
冷蔵保存はおすすめできません。

しかし、汁気のないドライカレーの場合は、冷蔵庫で保存しても問題はありません。
その場合、器に入っている場合は、上からラップをして保存します。

できれば、タッパーやジップ付袋など密閉できるものに入れて保存する方が良いです。
そうすることによって、におい移りなどが防げます。

 

食べる際は、電子レンジで加熱するか、
もう一度フライパンで炒め直してから食べると良いでしょう。

保存期間(賞味期限)の目安は?

保存期間は2~3日程度
毎日中心部が75℃以上1分以上加熱した場合は、
1週間程度日持ちします。(汁気のないカレーの場合)

冷凍保存は?

冷凍保存する場合は、
ラップに小分けにして包み、
フリーザーバッグに入れてしっかりと空気を抜いて保存するか、
フリーザーバッグに直接入れてしっかりと空気を抜いた上で、
できるだけ全体が平らになるようにして保存します。

平らにすることによって早く凍りますし、
使用する際に、ポキッと折って使いたい分だけ使うことが出来ます。
(厚みがある場合は折れないので注意)

解凍は?

解凍は、ピラフ上のドライカレーの場合は、
電子レンジで直接加熱して、中がまだ冷たいようなら
混ぜてから再度電子レンジで加熱します。

通常のドライカレーの場合は、
電子レンジで加熱しても良いですが、
できれば、食べる前日に冷蔵庫に移して自然解凍するのが良いでしょう。

解凍が終われば、フライパンで炒め直すか、
電子レンジで温めて食べると良いでしょう。

保存期間(賞味期限)の目安は?

保存期間は2~4週間程度
それ以上保存することも可能なのですが、
長く保存すると冷凍焼けなどで風味が劣化してしまったり、
冷凍庫のにおいが移ったりしますので、
できるだけ早めに食べた方が良いでしょう。

スポンサーリンク

腐ったらどうなるの?どうなったら食べない方がいいの?

  • 糸を引いている
  • カビが生えている
  • 妙にネバネバしている
  • すっぱいにおいがする
  • すっぱい味がする
  • 変なにおいがする
  • 変な味がする

このような状態になっている場合は食べない方が良いでしょう。
ドライカレーはスパイスを使用しているため、
味やにおいの変化に気づきにくい場合があります。

ですので、長時間常温に置いておいた物や
長期間冷蔵庫で保存していた物は、細心の注意が必要です。

問題がないようなら、しっかりと加熱して食べるようにしましょう。
どうしても気になるようなら食べない方が良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ドライカレーは常温での保存は基本的にNGで、
保存するなら冷蔵保存か冷凍保存すると良いでしょう。

スパイスを使用しているため、たの料理と比べると腐りにくい
というのはありますが、それでもやはり腐ってしまいますので、
注意してください。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク


コメントを残す

CAPTCHA


当サイトの賞味期限表記について

⇒当サイトの賞味期限表記について

当サイトの保存期間はあくまでも目安ですので、
食べれるかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。