ホットドッグの保存方法と賞味期限は?

執筆者:食品衛生責任者 牟田 元気(むた もとき)

ホットドッグが余った場合や作り置きしたい場合などに
保存が必要になってくるかと思います。
その場合、どのように保存すれば良いのでしょうか?
こちらではホットドッグの保存方法と賞味期限について紹介致します。

スポンサーリンク

常温保存は?

ホットドッグ

ホットドッグの常温保存は基本的にNGです。
常温で保存すると菌が繁殖しやすく傷みやすいです。

万が一常温で置いておくならば、
しっかりとラップに包んで置いておくと良いでしょう。
ですが、基本的には冷蔵庫での保存が望ましいです。

常温で置いておける時間を書くと、
夏などの暑い時期の場合は、4~6時間程度。
冬の寒い時期で室温が10℃以下の場合は1日程度。
それ以外の季節(10~20℃程度)は6~12時間程度でしょうか。

ただし、中に入れている具材やお住まいの地域、室温、湿度などによって
置いておける時間は変化しますので、上記の時間はあくまでも参考程度にとどめてください。

冷蔵保存は?

冷蔵保存する場合は、あら熱が取れたら乾燥を防ぐためしっかりとラップに包んで保存します。
できれば、タッパーやジップ付袋などの密閉できる物に入れて保存すると
におい移りなどが防げます。

食べる際は、電子レンジで加熱してから、オーブントースターで加熱すると
美味しくいただけるかと思います。
電子レンジで加熱の際、できれば中心部が75℃以上で1分以上加熱するのが望ましいです。

保存期間(賞味期限)の目安は?

保存期間は中の具材にもよりますが、2~3日程度
それ以上保存すると、たとえ冷蔵庫の中とはいえ
菌は繁殖しますので傷む可能性があります。

冷凍保存は?

ホットドッグは冷凍保存に向いていない具材があります。
たとえば、茹でた卵やトマト、キャベツなどです。
茹でた卵は冷凍すると白身の部分がゴムのような食感になりますし、
キャベツやトマトなどの野菜類は、解凍したときに水分が出て
パンがべちゃべちゃになってしまいます。

ですので、ホットドッグは基本的に冷凍しない方が良いでしょう。

パンにウインナーだけなどのシンプルなホットドッグの場合は、
冷凍保存ができます。
その場合、あら熱が取れたらしっかりとラップに包んで、
フリーザーバッグに入れてしっかりと空気を抜いて保存します。

できれば、金属トレーの上にのせて凍らせるか、
急速冷凍機能が付いている場合は、その機能を使用して凍らせると、
劣化がある程度防げます。

解凍は?

解凍は食べる前日に冷蔵庫に移して自然解凍するか、
常温で解凍しても構いません。
解凍後は、電子レンジで加熱してからオーブントースターで
加熱すると良いでしょう。

保存期間(賞味期限)の目安は?

保存期間は1ヶ月程度
それ以上保存すると冷凍焼けなどにより
風味が劣化する可能性があります。

スポンサーリンク

腐ったらどうなるの?どうなったら食べない方がいいの?

  • カビが生えている
  • 糸を引いている
  • ネバネバしている
  • 野菜の色が変色している、あるいは形が崩れている
  • すっぱいにおいがする
  • すっぱい味がする
  • 変なにおいがする
  • 変な味がする

このような状態になっている場合は食べない方が良いでしょう。
特に常温で長く置いておいた場合や冷蔵庫で長期間保存していた物は
傷んでいる可能性があるので注意が必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ホットドッグは保存は冷蔵庫での保存が適していると
言っても良いでしょう。
ただし、冷蔵庫で保存するとパンのデンプン質が劣化してしまうので、
風味が劣化する可能性があります。

しかし、冷凍保存も常温保存もできないので、
保存するなら冷蔵庫しかありません。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク


コメントを残す

CAPTCHA


当サイトの賞味期限表記について

⇒当サイトの賞味期限表記について

当サイトの保存期間はあくまでも目安ですので、
食べれるかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。