戻したきくらげの保存方法と賞味期限は?

きくらげをたくさん戻した場合や急に使わなくなった場合に
保存が必要になってくると思います。
では、どのように保存すれば良いのでしょうか?
こちらでは戻したきくらげの保存方法と賞味期限について紹介致します。

スポンサーリンク

常温保存は?

戻したきくらげ

戻したキクラゲは基本的に常温でおいておくことはしないようにしましょう。
戻している最中のキクラゲを放置してしまった場合の目安として、
夏場など暑い時期でしたら、6時間程度。
冬場など寒い時期でしたら、12~24時間程度。
それ以外の季節は、6~12時間程度。

このくらいはもつかと思います。
水にずっと浸けっぱなしでも歯ごたえは残ったままなので、
水に浸けすぎた場合でも特に問題はないでしょう。

上記の時間はお住まいの地域など室温の違いお湯で戻したのか
水で戻したのかによっても変化しますので、
あくまでも参考程度にとどめておいてください。

冷蔵保存は?

冷蔵庫で保存する場合は、水気を切ってから
ラップに包んで保存すると良いでしょう。

もしくはタッパーなどの容器に入れて保存することも出来ます。

保存期間(賞味期限)の目安は?

保存期間の目安は、2~3日程度
それ以上保存すると、例え冷蔵庫の中でも
菌は繁殖しますので、腐る可能性があります。

使用する際は、軽く湯通ししてから使用すると良いでしょう。

冷凍保存は?

冷凍保存する場合は、水気をよく切ってからラップに出来るだけ平らになるように包んで、
フリーザーバッグに入れてしっかりと空気を抜いて保存します。

解凍は?

解凍はせずに湯通しを行なうとよいでしょう。
もしくは解凍はせずにそのまま料理に使うということもできます。

保存期間(賞味期限)の目安は?

保存期間の目安は、およそ1ヶ月程度
それ以上保存することも可能ですが、目安として美味しく食べられるのは1ヶ月程度と思った方が良いでしょう。

腐ったらどうなるの?どうなったら食べない方がいいの?

  • カビが生えている
  • 糸を引いている
  • ネバネバしている
  • トロトロと溶けたような感じになっている
  • 変なにおいがする

このようになっている場合は、食べない方がいいでしょう。
特に注意したいのが、常温での放置や冷蔵庫での長期間保存です。
見た目やにおいなどを確認して大丈夫な様でしたら、
沸騰したお湯に1分程度湯通ししてから使用するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
戻したキクラゲは冷蔵保存でも冷凍保存でもどちらでも
保存が可能です。

冷凍したとしても食感はあまり変わりませんので、
使い勝手が良いです。

ですが、戻す前の乾燥きくらげの賞味期限は
およそ1年程度もちますので、戻しすぎないようにした方が良いでしょう。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク


コメントを残す

CAPTCHA


当サイトの賞味期限表記について

⇒当サイトの賞味期限表記について

当サイトの保存期間はあくまでも目安ですので、
食べれるかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。