戻したひじきの保存方法と賞味期限は?

ひじきを戻しすぎた場合に保存が必要になってくると思いますが、
どのように保存したら良いのでしょうか?
こちらでは戻したひじきの保存方法と賞味期限について紹介致します。

スポンサーリンク

常温保存は?

戻したひじき

一度戻したひじきは常温で保存することは出来ません。
保存するなら冷蔵保存か冷凍保存するようにしましょう。

万が一置き忘れていた場合どのくらいの時間もつのかというと、
夏場の暑い時期でクーラーなどが入っていない場合は、4~6時間程度。
冬場などの寒い時期で暖房などの入っていない部屋の場合は、12~24時間程度。
それ以外の季節は6~12時間程度でしょうか。

ただし、お住まいの地域や室温、季節によって変わってきますので、
あくまでも参考程度にとどめておいてください。

冷蔵保存は?

冷蔵保存する場合は、水気を切ってからポリ袋に入れるかタッパーなどに入れて
保存すると良いでしょう。
におい移りが気になる場合は、ジップ付袋に入れて保存すると良いでしょう。

保存期間(賞味期限)の目安は?

保存期間の目安は、2~3日程度
煮物にしたり醤油などを入れて炒めた物の場合は、1週間程度は日持ちするかと思います。

それ以上保存すると、カビが生えたり腐ったりする可能性がありますので、
注意してください。

冷凍保存は?

冷凍保存する場合は、しっかりと水気を切った後、
ポリ袋やフリーザーバッグに入れてしっかりと空気を抜いて保存します。

調理したひじきも冷凍保存できますが、水で戻しただけのひじきも
冷凍保存できます。

解凍は?

煮物など火を通す調理に使う場合は、
解凍せずにそのまま調理することが出来ます。

サラダなどに使う場合は、食べる前日などに冷蔵庫に移して
自然解凍を行ないます。

保存期間(賞味期限)の目安は?

保存期間の目安は、およそ1ヶ月程度
それ以上保存すると冷凍焼けなどによって風味が劣化する可能性があります。

腐るとどうなるの?どうなったら食べない方がいいの?

  • カビが生えている
  • 糸を引いている
  • ネバネバしている
  • 酸っぱいにおいがする

このような状態になっている場合は、
調理したり食べることはしない方が良いでしょう。

たとえ、火を通したとしても菌は死滅しますが、
菌が出した毒素までは分解できませんので、調理に使用しないでください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
一度戻したひじきは、まとめて調理して保存してもいいですし、
そのまま冷蔵保存か冷凍保存しても良いでしょう。

そのまま保存した方が、そのときの気分で煮物にしたり
サラダにしたりと使い分けできるため、
そのまま保存した方が良いかと思います。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク


コメントを残す

CAPTCHA


当サイトの賞味期限表記について

⇒当サイトの賞味期限表記について

当サイトの保存期間はあくまでも目安ですので、
食べれるかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。