揚げ出し豆腐の保存方法と賞味期限は?

執筆者:食品衛生責任者 牟田 元気(むた もとき)

揚げ出し豆腐が余った場合や作り置きしたい場合などに
保存が必要になってくるかと思います。
その場合、どのように保存すれば良いのでしょうか?
こちらでは揚げ出し豆腐の保存方法と賞味期限について紹介致します。

スポンサーリンク

常温保存は?

揚げ出し豆腐

揚げ出し豆腐の常温保存は基本的にNGです。
水分を多く含むため、夏場など暑い時期の場合
半日もすると傷んでくるかと思います。

どうしても常温で置いておかなければいけない場合は、
あら熱が取れたらラップをして直射日光の当たらない
できるだけ涼しい場所で保管するようにしましょう。

ただし、保存となると常温ではなく冷蔵庫での保存が適しています。

常温で置いておける時間を書くと
夏場などの暑い時期の場合は4~6時間程度。
冬場の寒い時期で室温が10℃以下の場合は1日程度。
それ以外の季節(10~20℃程度)の場合は6~12時間程度でしょうか。

ただし、味付けの濃さやお住まいの地域、室温などによって
置いておける時間は変化しますので、上記の時間はあくまでも参考程度にとどめてください。

冷蔵保存は?

冷蔵保存の場合、あら熱が取れたらラップをかけ冷蔵庫で保存します。
におい移りなどが気になる場合は、タッパーに入れて保存すると良いでしょう。

揚げ出し豆腐の上に大根おろしがのっている場合は、
大根おろしの風味は消えてしまいますが仕方ありません。

また、揚げ出し豆腐の出汁はかけてから保存しても構いませんし、
少しでも豆腐のカリカリ感を残したいのであれば、出汁はかけずに
別に保存した方が良いでしょう。

保存期間(賞味期限)の目安は?

保存期間は、2~3日程度
それ以上保存するとたとえ冷蔵庫の中とはいえ
菌は繁殖しますので、傷む可能性が出てきます。

冷凍保存は?

揚げ出し豆腐の冷凍保存は向いていません。
冷凍してしまうと豆腐の食感が高野豆腐のような食感に変わってしまうからです。
それでも構わないという場合は別ですが、豆腐の食感を損ないたくないという場合は、
冷凍保存しない方が良いでしょう。

冷凍保存する場合は、タッパーに出汁ごと入れて保存します。

冷凍保存に向いていませんので、
揚げ出し豆腐を作った場合、冷蔵保存するしかないのですが、
作る前、もっと言うなら豆腐を開封する前ならしばらく保存が可能ですので、
豆腐はそのまま保存して、食べたい時に揚げ出し豆腐を作るというように
した方が保存的には長持ちします。

解凍は?

解凍は、食べる前日に冷蔵庫に移して自然解凍を行ないます。
解凍後は、電子レンジで加熱して食べると良いでしょう。

保存期間(賞味期限)の目安は?

保存期間はおよそ1ヶ月程度
それ以上保存すると冷凍焼けなどによって
風味が劣化する可能性があります。

スポンサーリンク

腐ったらどうなるの?どうなったら食べない方がいいの?

  • カビが生えている
  • 糸を引いている
  • 表面がネバネバしている
  • すっぱいにおいがする
  • すっぱい味がする
  • 変なにおいがする
  • 変な味がする

このような状態になっている場合は食べない方が良いでしょう。
特に常温で長時間置いておいた場合や冷蔵庫で長期間保存していた場合、
菌が繁殖して傷む可能性がありますので注意してください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
揚げ出し豆腐は冷凍保存すると食感が変わってしまいますので、
保存するなら冷蔵保存が好ましいです。

ただし、2~3日程度しか持ちませんので、
早めに食べることをおすすめします。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク


コメントを残す

CAPTCHA


当サイトの賞味期限表記について

⇒当サイトの賞味期限表記について

当サイトの保存期間はあくまでも目安ですので、
食べれるかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。