焼きおにぎりの保存方法と賞味期限は?

焼きおにぎりが余った場合や作り置きしたい場合に
保存が必要になってくるかと思います。
その場合、どのように保存すれば良いのでしょうか?
こちらでは、焼きおにぎりの保存方法と賞味期限について紹介致します。

スポンサーリンク

常温保存は?

焼きおにぎり

焼きおにぎりは基本的に常温保存はNGです。
しかし、お弁当に入れる場合もあるかと思います。
その場合、あら熱が取れたらお弁当箱に入れて
直射日光の当たらないできるだけ涼しい場所で保管しましょう。

夏場など暑い時期はお弁当箱を保冷剤などで冷やすと良いでしょう。

保存時間を書くと、
夏場などの暑い時期の場合は、4~6時間程度。
冬場などの寒い時期で暖房の入っていない部屋の場合は12~24時間程度。
それ以外の季節は6~12時間程度でしょうか。

ただし、塩分量やお住まいの地域、室温や湿度などによって変化しますので、
上記の時間はあくまでも参考程度にとどめてください。

冷蔵保存は?

焼きおにぎりは冷蔵保存すると、お米のデンプン質が劣化してしまい
食感が少々変わってしまいます。
また、風味も劣化していきますので、冷蔵庫で保存するのは向いていません。

保存する場合は、一つずつラップに包んでからジップ付袋に入れたり、
タッパーなどの密閉できる容器に入れて、
できれば野菜室で保存した方が良いでしょう。

保存期間(賞味期限)の目安は?

食感や風味を気にするのであれば、その日のうちに食べましょう。
気にしないのであれば、2~3日程度は日持ちします。

食べ方としては、出汁を用意して、お茶漬けのようにして食べると
食感は気にならなくなります。

温める際は、電子レンジで加熱すると良いでしょう。

冷凍保存は?

冷凍保存する場合は、ラップに一つずつ包んでから
フリーザーバッグに入れてしっかりと空気を抜いて保存します。

なお、作った日にちを書いておくとわかりやすいです。

解凍は?

解凍は、自然解凍をしてしまうと食感が変わってしまうため、
凍ったまま電子レンジで加熱します。

焼きおにぎりの大きさや電子レンジのワット数などによって
加熱時間は変わりますので、中まで温かくなっていればOKです。
割ってみて、中心部が温かくなっているか確認するようにしましょう。

保存期間(賞味期限)の目安は?

保存期間はおよそ1ヶ月程度。
それ以上保存することも可能なのですが、
長く保存すると冷凍焼けなどによって
風味が劣化してしまうため、早めに食べるようにしましょう。

スポンサーリンク

腐ったらどうなるの?どうなったら食べない方がいいの?

  • カビが生えている
  • 糸を引いている
  • 妙にネバネバしている
  • すっぱいにおいがする
  • すっぱい味がする
  • 変なにおいがする
  • 変な味がする

このような状態になっている場合は食べない方が良いでしょう。
特に常温で長時間置いておいた場合や
冷蔵庫で長期間保存していた場合に腐る可能性があるため注意が必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
焼きおにぎりは保存する際は、その日に食べるなら冷蔵庫でも
構いませんが、作り置きなどをして長期保存する場合は
冷凍庫で保存するようにしましょう。

作り置きしておくと、おやつに焼きおにぎり、
食事の一品として焼きおにぎりと大変便利です。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク


コメントを残す

CAPTCHA


当サイトの賞味期限表記について

⇒当サイトの賞味期限表記について

当サイトの保存期間はあくまでも目安ですので、
食べれるかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。