茹でたマカロニの保存方法と賞味期限は?

執筆者:食品衛生責任者 牟田 元気(むた もとき)

マカロニをあらかじめ茹でておくと、使い勝手が良いですよね。
また、マカロニを茹ですぎて余ってしまった場合、どうやって保存したらいいのか?
も、気になるところです。

そこでこちらでは茹でたマカロニの保存方法と賞味期限について紹介致します。

スポンサーリンク

常温保存は?

茹でたマカロニ

茹でたマカロニは保存する際、常温保存は向いていません。
冷蔵か冷凍保存をおすすめします。

では、茹でたマカロニを常温で置き忘れていた場合やお弁当に入れた場合はどうでしょうか。
茹でたマカロニは時間が経つにつれ食感が劣化していきます。
ですので、早めに食べた方が良いのですが、お弁当に入れるなどすると
長くて6時間程度は置いておかなければなりません。

保存方法としては、暑い場所や直射日光をさけて、保冷剤をお弁当箱の上に置くなど
工夫してできるだけ暑くならないようにする必要があります。

保存期間(賞味期限)の目安は?

保存期間は夏場などの暑い時期を除いて6~12時間程度

高温多湿の場合は、保存時間が短くなります。

冷蔵保存は?

冷蔵保存する場合、茹でただけのマカロニは水気をしっかりと切ってからオリーブオイルであえて
あら熱が取れたらタッパーに入れたり、ジップ付袋に入れてしっかりと空気を抜いて保存します。

ソースなどで味付けしたマカロニはソースがオリーブオイルの代わりになるので、
そのままタッパーに入れるか、ジップ付袋に入れてしっかりと空気を抜いて冷蔵庫で保存します。

また、お皿に入れてラップをかけるだけでも良いでしょう。

なお、保存を前提に茹でるのであれば、少し固めに茹でておくと良いです。

しかし、マカロニのでんぷん質は0~3℃程度の温度で劣化しやすいため、
冷蔵庫で保存した場合、食感が変わってしまう恐れがあります。

そのあたりを気にしないのであれば、冷蔵保存しても良いでしょう。

保存期間(賞味期限)の目安は?

保存期間は1~3日程度

冷凍保存は?

冷凍保存する場合は、冷蔵庫で保存するとき同様、水気をしっかりと切ってから
オリーブオイルでよく混ぜて、あら熱が取れたらタッパーに入れるか、
フリーザーバッグに入れてしっかりと空気を抜いて出来るだけ平らにならして保存します。

1食分ずつに分けたい場合は、ソースかオリーブオイルでしっかりと混ぜてあら熱が取れた後、
ラップに1食分ずつできるだけ平らにならして保存します。

凍ったら、フリーザーバッグに移してしっかりと空気を抜いて保存するとよいでしょう。

 

保存する際、金属トレーにのせて冷凍すると急速冷凍になり、マカロニの劣化を防ぐことが出来ます。

解凍は?

解凍は電子レンジで加熱すると良いでしょう。

電子レンジで加熱する際は、ラップのまま加熱しても良いですし、
耐熱容器に移して加熱しても良いでしょう。

保存期間(賞味期限)の目安は?

保存期間は2週間~1ヶ月程度

ただし、ソースに絡めたマカロニの場合は2~3週間程度。
保存期間が1ヶ月を超えると、ソースによってはソースの味が劣化してしまい美味しくなくなる可能性があります。

腐ったらどうなる?どうなったら食べない方がいいの?

  • ネバネバしている
  • 糸を引いている
  • カビが生えている
  • 変色している
  • 異臭がする
  • 酸っぱいにおいがする
  • 酸っぱい味がする

このような状態になっている場合は、食べない方が良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
茹でたマカロニは、保存する際は少し固めに茹でて置いて
冷凍保存するのが望ましいことがわかりました。

しっかりと茹でている場合は、冷蔵冷凍保存すると食感(弾力)がなくなるというか、
ボワオワとした感じになり、茹でたときよりも味が落ちてしまいます。

できるだけ早めに食べた方が美味しくいただけるかと思います。

 

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク


コメントを残す

CAPTCHA


当サイトの賞味期限表記について

⇒当サイトの賞味期限表記について

当サイトの保存期間はあくまでも目安ですので、
食べれるかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。