おかゆの保存方法と賞味期限は?

おかゆは、保存するとどうしても味が落ちてしまいます。
ですので、作り立てを食べるようにしたいですが、
さまざまな事情があり保存を余儀なくされることもしばしば。
こちらでは、おかゆの保存方法について紹介しております。

スポンサーリンク


おかゆの常温保存は?

おかゆは水分が多く傷みやすいため
常温での保存はお勧めできません。

もし常温保存するのであれば、
鍋で炊いたのなら、そのままふたをした状態か、
お茶碗などの容器にラップをするか、
タッパーなどに入れて、なるべく空気に
触れないようにしてください。
なおかつ、室温が10℃以下の直射日光が
あたらないところが望ましいでしょう。

もしくは、夏場を除き、
鍋に入れておき、1日に3回程度完全加熱する
という方法もありますが、
やはり手間がかかってしまいますので、
お勧めできません。

保存期間(賞味期限)の目安は?
  • 夏場の賞味期限は、3~4時間程度
  • 冬場の賞味期限は、1日程度

おかゆ

おかゆの冷蔵保存は?

保存方法としては、
鍋のままか、
お茶碗に移してラップをするか、
タッパーに移して保存しますが、
いずれにしても、長期保存はできないでしょう。

なお、おかゆを保存すると
水分を吸ってしまい、固くなることがあります。

保存期間(賞味期限)の目安は?

冷蔵保存の賞味期限は、2日程度

おかゆの冷凍保存は?

おかゆの保存は冷凍が一番良いかと思います。
保存方法は、おかゆの粗熱が取れたら、
フリーザーバッグに入れて、しっかりと
空気を抜いて、平たくして冷凍保存します。
半分程度凍ったら、使いやすい大きさになるように
折れ目を入れて、再び冷凍すると便利です。

もしくは、タッパーに入れて保存でもいいですし、
1食分ずつラップに包んで保存、
ポリ袋に入れて、しばるか輪ゴムでしっかりと封をして
保存する方法もあります。

使いやすいのは、1食分ずつ分けて保存すると
良いでしょう。

解凍は?

解凍方法は、食べる前の日に冷蔵庫に移して
自然解凍し、食べるときに電子レンジなどで加熱すると
解凍ムラもなく、温めることができます。

時間がないようでしたら、ポリ袋やラップに包んでいた場合は、
ラップポリ袋から出して、お茶碗などの容器に入れて
電子レンジで加熱します。
時折取り出して、かき混ぜて再度加熱することで
ムラができにくくなります。

もしくは、鍋に移して加熱することもできます。

保存期間(賞味期限)の目安は?

冷凍保存の賞味期限は、2週間程度

腐るとどうなる?どうなったら食べないほうがいいの?

  • 異臭がする(酸っぱいにおいなど)
  • 糸を引いている
  • カビが生えている
  • 酸っぱい味がする
  • 夏場常温で何時間も放置していた
  • 冷蔵庫に何日も入れていた

このような状態になっていたら食べないほうがよいでしょう。
長期にわたって、置いておいたおかゆも、特に変化がなくても
食中毒が怖いので食べないほうが良いかと思います。
また、保存されたおかゆは、75℃以上で1分間、中心まで加熱してから
食べることをお勧めします。

まとめ

  • おかゆは水分が多いため傷みやすい
  • おかゆは、保存すると水分を吸ってしまい固くなることがある
  • 長期保存するのであれば、冷凍保存が適している
  • 冷凍する際は、小分けにして冷凍すると使いやすい
  • 解凍は、冷蔵庫で解凍してから電子レンジで加熱すると解凍ムラが防げる

おかゆだけではないですが、
保存するためには、できるだけ空気に触れないように
することがポイントです。
真空タッパーなども販売されていますので、
そういったものを使用すると保存性が高くなります。


スポンサーリンク


当サイトの賞味期限表記について

⇒当サイトの賞味期限表記について

当サイトの保存期間はあくまでも目安ですので、
食べれるかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。

コメントを残す



CAPTCHA