牛肉の保存方法と賞味期限は?

牛肉は、空気に触れる部分が少ないものほど
保存が長くなります。
つまり、塊(ブロック)のものが一番保存が長く、
スライスされていくほど短くなり、
ひき肉が一番保存に適していません。
塊(ブロック)>厚切り>角切り>薄切り>細切れ>ひき肉
この順番で保存が効きます。

スポンサーリンク


牛肉の常温保存は?

季節に関係なく常温保存はやめましょう。
雑菌などの繁殖を早めてしまいます。
特に暑い時期は、菌の繁殖も早いので、
冷蔵庫に入れるのを忘れて常温で放置してしまった
と言うことの無いように!

保存期間(賞味期限)の目安は?

牛肉の形状や季節、お店で購入したときの鮮度によって
大きく変わってきます。
目安としては、2時間~数時間
環境によって菌の繁殖が大きく変わりますので、注意してください。

牛肉

牛肉の冷蔵保存は?

牛肉は空気に触れさせないことが大切です。
パックに入っているものは、取り出して
キッチンペーパーなどで余計な水分を取った後、
ラップでしっかりと包み、ジップ付き袋に入れます。
空気をしっかりと抜いて密封したら、
冷蔵保存します。
保存は5℃以下が良いとされていますので、
出来ればチルド室での保存が望ましいです。
ない場合は、冷蔵庫の開閉による温度の変化を考慮して
冷蔵庫の手前よりも少し奥の方で保存する方が良いでしょう。
ただし、使い忘れないように注意してくださいね。

なお、使用する際は、使用する30分くらい前に冷蔵庫から出して、
常温に戻してから使う様にしてください。
これは、表面だけが焼けてしまうのを防ぐためです。
特に厚いお肉は、この作業を行なってください。

保存期間(賞味期限)の目安は?

基本的には、購入の際に書かれている消費期限を目安にしてください。
おおまかには、

  • ブロック牛肉は、5日程度
  • スライス牛肉は、3日程度
  • ひき肉は、当日~1日

牛肉の冷凍保存は?

余計な水分をキッチンペーパーで取った後、
空気に触れないように、ラップでびっちりと包んで、
フリーザーバッグに入れて、空気をしっかりと抜いて
密封した状態で、冷凍保存します。
肉が厚いと、冷凍に時間がかかってしまいますので、
薄くスライスしてから、平らに、小分けにして冷凍しましょう。
他の形態のものも、できるだけ薄くして平らにして、
小分けにした方が良いです。
出来れば、1回分ごとに分けて保存すると使いやすくなります。

なお、金属トレーなどの上に乗せて、冷凍すると
急速冷凍できますので、鮮度が保たれます。

ひき肉の冷凍保存
ひき肉の冷凍は、1回分ずつラップで包んで
フリーザーバッグに入れて保存するか、
そのままフリーザーバッグに入れて、菜箸などで、
1回分量の大きさに押して跡を付けておくことで
パキっと折って使うことができます。
もちろん出来るだけ平らになるようにして保存しましょう。
スポンサーリンク


牛肉の解凍方法は?

牛肉は、緩慢解凍が良いと言われています。
その理由は、肉汁(ドリップ)が流れ出ないようにするためです。
ドリップが流れ出てしまうと、品質の低下につながります

一番良い方法は、使用する前日くらいに、
冷蔵庫に移してゆっくりと解凍するという方法です。
この方法は、肉汁が流れ出ないため、一番美味しく
食べられる方法です。

あまりお勧めはできませんが、
急いでいるときは、電子レンジでの解凍もできます。
その際は、ラップを外して下にキッチンペーパーを敷いて
解凍してください。
ワット数が調節できるのでしたら、一番低いワット数で
解凍を行ないましょう。

やっちゃいけないのは、常温での解凍です。
常温で解凍すると、中まで解凍される頃には、
外側はかなり室温でさらされることになるので、
菌が繁殖していきます。(5℃~60℃の環境で繁殖
絶対にしないようにしましょう。

保存期間(賞味期限)の目安は?

冷凍牛肉の賞味期限は、2週間~1か月程度
3か月程度保存はできますが、
冷凍焼けなどにより品質低下につながります。

どうなったら食べない方がいいの?腐るとどうなる?

  • ぬめりがある
  • 糸を引いている
  • 異臭・酸っぱいにおい・アンモニアっぽいにおいがする
  • 常温で長時間放置した
  • カビが生えている

このようになっている場合は、食べないでください。
常温で長時間放置したものは、雑菌がかなり繁殖しているものと
思われます。加熱した場合、多くの雑菌は死滅しますが、
中には加熱しても死滅しない耐性菌もいますので、
食べない方が良いかと思います。

牛肉は、時間が経つと茶色く変色しますが、変色しているだけなら
加熱すれば問題ありません。
ただし、変色範囲が広ければ、酸化が進んでいるため、
食べても美味しくないかと思います。

まとめ

  • 牛肉は、乾燥と温度に気を付ける
  • 保存は、5℃以下が良い
  • ラップでしっかりと包んで、ジップ付きの袋に入れて
    空気をしっかりと抜いて密封して保存する
  • 冷凍する際は、急速冷凍すると良い(金属トレーを使用)
  • 解凍は緩慢解凍が一番良い(使用する前日に冷蔵庫に移す)
  • 常温での解凍はしない

このようになります。
牛肉は形状によって賞味期限が異なりますので、
見落とさないようにしましょう。


スポンサーリンク


当サイトの賞味期限表記について

⇒当サイトの賞味期限表記について

当サイトの保存期間はあくまでも目安ですので、
食べれるかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。

コメントを残す



CAPTCHA