コーンポタージュの保存方法と賞味期限は?

コーンポタージュを作った場合や市販の缶やパック入りのコーンポタージュを
買ってきて開封した場合などにうまく保存する必要があります。
では、どのように保存すれば良いのでしょうか?
こちらでは、コーンポタージュの保存方法と賞味期限について紹介致します。

スポンサーリンク

常温保存は?

コーンポタージュ

市販の缶やパックに入ったコーンポタージュの場合、
開封していなければ、要冷蔵と書いてない限り常温での保存が可能です。
ただし、直射日光は避けて冷暗所で保存するようにしましょう。

手作りで作ったコーンポタージュや開封したコーンポタージュの場合、
常温保存はNGとなります。

開封したものや手作りのものの場合、夏場ですと4時間程度。
冬場ですと5℃以下の部屋で24時間程度。
それ以外の季節は6時間程度といったところでしょうか。

いずれにしても常温での保存は避けた方が良いでしょう。

冷蔵保存は?

パックに入ったコーンポタージュの場合、
そのまま冷蔵庫で保存するとよいでしょう。

缶に入っていた物や手作りのものは、お皿に移してあら熱が取れたら
上からラップをして保存するとよいでしょう。

保存期間(賞味期限)の目安は?

開封前のものは記載通りの賞味期限。
開封後あるいは手作りのコーンポタージュは2~3日程度

それ以上保存することも可能でしょうが、風味が劣化する恐れがありますので、
できるだけ早く飲んだ方が良いでしょう。

冷凍保存は?

長期保存する場合は、冷凍保存がおすすめです。
保存方法としては、どの状態でも一度お皿に移してラップをして保存します。
もしくはタッパーに入れてフタをして保存するのも良いですし、
フリーザーバッグに入れて保存するのも良いでしょう。
フリーザーバッグに入れる際はなるべく空気を抜いてから保存するようにしましょう。

一食分ずつ小分けに冷凍すると使いやすくなるかと思います。

 

なお、缶やパックの状態で冷凍することは避けてください。
中身が膨張して破損する恐れがあります。

解凍は?

解凍は、飲む前日に冷蔵庫に移して自然解凍するか、
ボウルなどに水を入れてその中に浸して解凍するとよいでしょう。

半解凍状態あるいは、完全に解凍できたら、
お皿など耐熱容器に移して電子レンジにかけるか、
鍋に入れて加熱すると良いでしょう。

保存期間(賞味期限)の目安は?

保存期間の目安は1ヶ月程度
それ以上保存すると冷凍焼けなどにより風味が劣化する可能性があります。

スポンサーリンク

腐ったらどうなるの?どうなったら食べない方がいいの?

  • 酸っぱいにおいがする
  • 酸っぱい味がする
  • 苦い味がする
  • 変な味がする
  • 変なにおいがする

このような状態になっている場合飲まない方がいいでしょう。
なお、このような状態になっていた場合火を通したとしても
飲むことは出来ないので注意してください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
開封後は常温保存せずに冷蔵保存をしましょう。
長期保存したい場合は冷凍保存が出来るため冷凍保存すると良いでしょう。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク


コメントを残す

CAPTCHA


当サイトの賞味期限表記について

⇒当サイトの賞味期限表記について

当サイトの保存期間はあくまでも目安ですので、
食べれるかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。