ラタトゥイユの保存方法と賞味期限は?

執筆者:食品衛生責任者 牟田 元気(むた もとき)

ラタトゥイユを作りすぎたり、保存用として作った場合、
どのように保存すれば良いのでしょうか?また、賞味期限はどのくらい持つのでしょうか?
こちらではラタトゥイユの保存方法と賞味期限を紹介します。

スポンサーリンク

常温保存は?

ラタトゥイユ

季節や室温にもよるかと思いますが、基本的に常温で置いておくのはやめてください。
あら熱が取れたら速やかに冷蔵庫か冷凍庫で保存するようにしましょう。

常温で置いておくと、菌が繁殖して食中毒を起こす可能性があります。

もし、常温で置いておかなければいけない状態の場合は、
ラップをして直射日光の当たらないできるだけ涼しい場所で保存しましょう。

保存期間は、
夏の暑い時期で4時間程度。
冬の寒い時期で室温が10℃以下の場合、1日程度。
それ以外の季節(10~25℃程度)で6~12時間程度。

それ以上置いておくと菌が繁殖して食中毒になる可能性が出てきます。

なお、上記に書いた時間は季節やお住まいの地域や室温や湿度などにもよって変わってきますので、
あくまでも参考程度にとどめてください。

冷蔵保存は?

冷蔵保存する場合は、ラタトゥイユが熱い状態で冷蔵庫に入れてしまうと、
冷蔵庫の中の温度が上昇して、他の食品などが傷む可能性がありますので、
必ずあら熱が取れてから冷蔵庫に入れるようにしてください。

保存方法としては、上からラップをかけて保存するか、
タッパーなどに入れてしっかりと蓋をして保存すると良いでしょう。

保存期間(賞味期限)の目安は?

賞味期限は3~4日程度でしょう。
それ以上保存すると例え冷蔵庫の中であっても菌は繁殖しますので、
食中毒になる危険性があります。

冷凍保存は?

冷凍保存する場合は、
あら熱が取れたらフリーザーバッグに入れるか、
タッパーに入れてあら熱が取れたら蓋をして冷凍庫で保存します。
できれば、金属トレーの上に乗せて凍らせた方が、鮮度が保たれます。

解凍は?

食べる前日に冷蔵庫に移して自然解凍を行なった後、
電子レンジで加熱するか、再び鍋に入れて加熱すると良いでしょう。

時間がないときは、そのまま電子レンジで加熱しても構いません。
加熱しても冷たい状態やまだ凍っている部分がある場合は、
一度かき混ぜてから再度電子レンジで加熱すると良いでしょう。

保存期間(賞味期限)の目安は?

賞味期限の目安はおよそ1ヶ月程度
それ以上保存することもできますが、
保存する期間が長くなればなるほど、風味が劣化してしまいますので、
保存は1ヶ月を越えないようにした方が良いです。

スポンサーリンク

腐ったらどうなるの?どうなったら食べない方がいいの?

  • カビが生えている
  • 通常よりも酸っぱい味やにおいがする
  • 暑い時期に常温で半日や1日置いておいた物

このようなものは食べない方が良いでしょう。
ラタトゥイユにはトマトが入っているため、
酸っぱくなったとしてもトマトの酸味なのか菌の繁殖による酸っぱさなのか
判断が付きにくい場合があります。
上記に書いた冷凍以外の保存で、賞味期限が大幅に過ぎている物は
食べない方が良いかと思います。

加熱すれば菌は死滅しますが、菌が出した毒素は熱に強いため壊れることがありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ラタトゥイユは常温で保存することはせずに
冷蔵庫か冷凍庫で保存するようにしましょう。

冷凍庫で保存する場合は、1食分ずつに分けて保存すると
まとめて解凍せずに済むので便利です。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク


コメントを残す

CAPTCHA


当サイトの賞味期限表記について

⇒当サイトの賞味期限表記について

当サイトの保存期間はあくまでも目安ですので、
食べれるかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。