揚げた春巻きの保存方法と賞味期限は?

揚げた春巻きをお弁当に入れたり、余ったり、たくさん作った場合に
保存がひつようになってきます。
そこでこちらでは揚げた春巻きの保存方法と賞味期限について紹介致します。

スポンサーリンク

常温保存は?

揚げた春巻き

常温で置いておく場合、あら熱が取れたらラップで包んで保存するとよいでしょう。
お弁当に入れる際は、あら熱が取れたらフタをして上から保冷剤などで冷やして
直射日光の当たらない出来るだけ涼しいところで保管するとよいでしょう。

ただし、常温で置いておくのは基本的に良くないので、お弁当に入れる以外で
常温に置いておくのは避けた方が良いです。

保存期間(賞味期限)の目安は?

保存期間は6~12時間程度
ただし、夏場など暑い時期は冷蔵庫で保存した方が良いでしょう。

冷蔵保存は?

冷蔵保存する場合、あら熱が取れてからお皿にラップをかけて保存するだけでも構いませんが、
できれば、タッパーなどの密閉できる容器に入れるか、
ジップ付袋に入れてできるだけ空気を抜いて冷蔵庫で保存した方が、
におい移りしないため、少々手間ですが密閉できる物で保存した方が良いです。

食べる際は、電子レンジで温めるか、オーブントースターで温めると良いでしょう。

保存期間(賞味期限)の目安は?

保存期間の目安は2~3日程度
冷蔵庫内でも菌は繁殖しますので長期保存には向いていません。

冷凍保存は?

冷凍保存する場合、あら熱が取れたら1本ずつラップに包んで、
フリーザーバッグにできるだけ重ならないように入れて空気をしっかりと抜いて保存します。

また、タッパーなどの密閉できる容器に入れて保存しても構いません。

解凍は?

解凍はせずに、電子レンジで温めてください。
ただし、電子レンジで温めるだけですと皮が餅のようになってしまいサクサクが
ありませんので、その後、オーブントースターに入れて温めると良いでしょう。

オーブントースターがない場合は、コンロのグリルを使用します。
アルミホイルをしいて春巻きを焼くと良いでしょう。

保存期間(賞味期限)の目安は?

保存期間はおよそ1ヶ月程度
これ以上保存すると冷凍焼けなどにより劣化してしまいますので、
できるだけ早めに食べた方が良いでしょう。

腐ったらどうなるの?どうなったら食べない方がいいの?

  • カビが生えている
  • 中身が糸を引いている
  • 中身がネバネバしている
  • 酸っぱいにおいがする
  • 酸っぱい味がする
  • 変な味がする

このような状態になっている場合は、食べない方が良いでしょう。
また、常温で長時間置いておいた物も味やにおいに変化がなくても食べない方が良いかと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
数日程度の保存でしたら冷蔵庫で保存し、長期保存したいなら冷凍保存すると良いでしょう。
ただし、皮はふにゃっとしてしまうため、焼き直す必要が出てきます。

また、冷凍保存するなら揚げる前の春巻きを冷凍保存しておけば、
さっと揚げるだけで揚げたての春巻きが食べれるようになりますので、
一手間が面倒でなければ揚げる前の春巻きを冷凍保存するとよいでしょう。

関連記事
LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク


コメントを残す

CAPTCHA


当サイトの賞味期限表記について

⇒当サイトの賞味期限表記について

当サイトの保存期間はあくまでも目安ですので、
食べれるかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。