豚汁の保存方法と賞味期限は?

豚汁が余った場合やたくさん作った場合に
保存が必要になってくるかと思います。
では、どのように保存すれば良いのでしょうか?
こちらでは、豚汁の保存方法と賞味期限について紹介致します。

スポンサーリンク

常温保存は?

豚汁

豚汁の常温保存は基本的にNGです。
保存するなら冷蔵庫に入れてほぞんしましょう。

ただし、常温に置き忘れたということもあるかと思います。
その場合、見た目やにおい、味などを確認して大丈夫なようなら、
中心部が75℃以上になるように1分以上しっかりと加熱してください。

保存時間を書くと、
夏場の暑い時期などの場合、4~6時間程度。
冬場の寒い時期で暖房の効いていない部屋の場合は、12~24時間程度。
それ以外の季節は6~12時間程度でしょうか。

ただし、塩分量やお住まいの地域、室温などによって変化しますので、
上記の時間はあくまでも参考程度にとどめておいてください。

夏の暑い時期に常温に半日もおいておくと、
豚汁がすっぱい味がして腐ってしまいます。

冷蔵保存は?

冷蔵保存する場合、器に移している場合は、
上からラップをかけてあら熱が取れたら冷蔵庫で保存します。

におい移りなどが気になる場合は、ジップ付袋にいれて
しっかりと空気を抜いて保存します。

食べる時は、加熱してから食べるようにしましょう。

保存期間(賞味期限)の目安は?

保存期間は2日程度
毎日火を通せば(中心部が75度以上で1分以上加熱)、
もう少し日持ちします。

それ以上保存すると、たとえ冷蔵庫の中とはいえ
菌は繁殖しますので、腐る可能性があります。

冷凍保存は?

冷凍保存は、向かない具材というものがあります。
例えば、こんにゃくや豆腐、大根などです。

こんにゃくや豆腐はスが入ってしまい食感が大きく変化してしまいます。
大根もスが入り食感が変わってしまいますので、注意が必要です。

冷凍保存したい場合は、少なくともこんにゃくや豆腐は取り除いていた方が良いでしょう。

その場合、あら熱が取れたらフリーザーバッグに入れて
平らになるようにしてしっかりと空気を抜いて保存します。

できれば、金属トレーの上で凍らせるか、急速冷凍機能が付いている場合は、
その機能を使用して凍らせると、早く凍るので、劣化がある程度防げます。

フリーザーバッグに日付を書いておくといつ保存したのかがわかります。

解凍は?

解凍は、豚汁を直接鍋に入れて加熱を行なってください。
あるいは、器に移してから電子レンジで加熱しても良いでしょう。

保存期間(賞味期限)の目安は?

保存期間の目安は2~4週間程度
それ以上保存すると冷凍焼けなどによって
風味が劣化する可能性があります。

スポンサーリンク

腐ったらどうなるの?どうなったら食べない方がいいの?

  • すっぱいにおいがする
  • すっぱい味がする
  • 具材がネバネバしている
  • 変な味がする
  • 変なにおいがする

このような状態になっている場合は食べない方がいいでしょう。
特に常温で長く置いておいた場合や冷蔵保存で長く保存していた場合は、
注意が必要です。
見た目や味、においに変化がないか確認した上で大丈夫なら
火をしっかりと通して食べるようにしてください。

もし、上記のような状態になっている場合は、
たとえ火を通したとしても、菌が出した毒素は消えませんので、
食べないようにしてください。

少しでも違和感がある場合は食べない方が良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
豚汁はたくさん作ってしまった場合、
冷蔵保存するのが一番です。

冷凍保存は向いていない具材が入るため、
それを取り除かないと、食感が変わってしまい、
美味しくなくなります。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク


コメントを残す

CAPTCHA


当サイトの賞味期限表記について

⇒当サイトの賞味期限表記について

当サイトの保存期間はあくまでも目安ですので、
食べれるかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。