梨(なし)の保存方法と賞味期限は?

梨は、リンゴやミカンと違い、日持ちしにくい果物です。 品種によって、保存期間にばらつきはありますが、 購入もしくは、いただいてから、 できるだけ早めに食べた方が良いでしょう。 そのままの状態の梨の保存は? 切っていないそのままの梨の保存は、 乾燥を防ぐことが肝心。 新聞紙に一つ一つ包み、ビニール袋かジップ付き袋に入れて、 冷蔵庫の野菜室で保存します。 新聞紙がない場合は、ビニール

続きを読む

スイカの保存方法と賞味期限は?

スイカは、冷やしすぎると、低温障害を起こしたり 甘みがどんどんなくなっていくため、 基本的には、冷蔵庫保存は向いていません。 保存最適温度は10~15℃と言われています。 スイカの常温保存は? スイカは、切っていない場合 冷蔵庫で保存するよりも、常温保存が 向いています。 というのも、スイカは冷やすぎると、(8~10℃以下) 甘みが落ちてしまい美味しくなくなってしまいます。

続きを読む

豚肉の保存方法と賞味期限は?

豚肉は、形状により保存期間が異なってきます。 長持ちする順に並べると、 かたまり > 厚切り > 角切り > 薄切り > ひき肉 このような順になります。 空気に触れる部分が少ないほど、保存期間が長くなります。 つまり、いかに空気に触れさせないようにするのが、 ポイントとなります。 豚肉の常温保存は? 豚肉は、いかなる場合でも常温保存しない方が良いでしょう。 細菌の増殖は

続きを読む

納豆のたれの保存方法と使い方は?

納豆のタレは、納豆の使い方によって 使わないときがありますよね? そのような納豆のタレは、自然と冷蔵庫に溜まって 気が付けば『これ何に使ったらいいんだ?』というくらい 溜まってしまったり・・・。 そんな納豆のタレの保存方法と賞味期限、 使い方について紹介いたします。 納豆のタレの保存方法は? 納豆のタレは、通常冷蔵保存で良いかと思います。 そのまま置いておくとばらけてしまいますの

続きを読む

オレンジの保存方法と賞味期限は?

オレンジは、常温保存が良いのか? 冷蔵保存が良いのか?という説明と、 切ったオレンジの保存や冷凍保存についても 説明しております。 また、腐った場合や、新鮮なオレンジの選び方についても 説明しております。 オレンジの常温保存は? オレンジを常温保存する場合は、乾燥を防ぐために 1つ1つ新聞紙に包んで風通しの良い冷暗所で 保存します。 夏場は、温度が高く傷みやすいので、常温には向

続きを読む

自家製手打ちうどんの保存方法と賞味期限は?

自家製手打ちうどんは、市販の手打ちうどんのように賞味期限が 書かれていないため、どれくらい保存できるのか、わかりません。 また、保存方法はどのように行うのが良いのか? 徹底的に調べました。 生の状態の手打ちうどんの保存は? 生のうどんは、茹でると保存が効かなくなるので、 茹でずに保存します。 保存方法は、1食分ずつ小分けにしてラップに包んで、 タッパーに入れるか、 ジップ付き袋に

続きを読む

焼きそばの保存方法と賞味期限は?

調理した焼きそばは、常温でも大丈夫なのか? 冷蔵保存がいいのか?冷凍保存がいいのか? 気になること徹底的に調べました。 焼きそばの常温保存は? 焼きそばを作って、フライパンで常温保存すると、 例え蓋をしたとしても乾燥して固くなってしまいますし、 季節にもよりますが、食中毒の危険さえ出てきます。 ですので、基本的には常温保存しないようにしましょう。 もし常温保存するのであれば、冬場限

続きを読む

豆腐の保存方法と賞味期限は?

豆腐は、パックのまま保存するとあまり日持ちしませんが、 適切な保存を行うと、案外長持ちします。 冷凍すると食感が変化してしまいますが、 それ用のレシピなども存在します。 こちらでは、豆腐の保存について徹底的に 紹介しております。 パックに入った豆腐の保存は? 基本的にパックに記載されている消費期限内に食べることを おすすめした上でお話しします。 パックのまま冷蔵庫か野菜室に入れて

続きを読む

味噌汁の保存方法と賞味期限は?

味噌汁は、発酵食品を使用しているため、 痛みやすい食べ物です。 ですので、常温保存は季節に関係なく 行なわないようにしましょう。 保存するなら、冷蔵庫か冷凍庫での保存が適切です。 これより味噌汁の保存方法を紹介していきます。 味噌汁の常温保存は? 味噌汁の常温保存は、季節にもよると思いますが、 基本してはいけません。 特に夏場は、大変危険で夜に作った味噌汁が 朝には腐っていた

続きを読む

卵焼きの保存方法と賞味期限は?

卵焼きは、常温保存するとどうなるのか? 冷蔵保存の方法や冷凍保存はできるのか? 徹底的に調べてみました。 卵焼きの常温保存は? 卵は、加熱した時点で菌の温床になりやすくなります。 仮に30~40℃のところで、数時間置いておくと 食中毒レベルに達するとも言われていますので、 常温保存は、季節に関係なく避けた方が良いでしょう。 やむを得ず常温保存されるのでしたら、 空気中の雑菌が

続きを読む