そばの保存方法と賞味期限は?

そばの保存方法は、生そば、茹でそば、乾燥そばによって それぞれ保存方法も保存期間も異なります。 一つずつ紹介しておりますので、 見ていきましょう。 生そばの保存は? 生そばの保存は、キッチンペーパーで1食分ずつ包み その上からラップで包みます。 生そばは、傷みが早いため常温での保存はせず、 冷蔵保存可冷凍保存すると良いでしょう。 冷凍したそばは、食べる前日に冷蔵庫に移して

続きを読む

唐揚げの保存方法と賞味期限は?

唐揚げは常温保存しても大丈夫なのか? 冷蔵や冷凍での保存はどうするのか? 冷凍なら揚げたものを冷凍するのか?揚げる前に冷凍するのか? という唐揚げの保存について徹底的に調べました。 唐揚げの常温保存は? 唐揚げの常温保存は、冬場の冷暗所であれば、 可能です。ですが、条件として5℃以下の場所で 保存してください。 暖かい時期でも2~3時間程度ならば 夏場の暑い時期でないかぎり、

続きを読む

生クリームの保存方法と賞味期限は?

開封前の生クリーム、開封後の生クリームの 保存方法、ホイップ前とホイップした生クリームの 保存方法や賞味期限など生クリームについて 詳しく調べてみました。 また、余った生クリームの使い方や 腐った場合の見分け方なども紹介しています。 開封していない生クリームの保存は? 開封していない生クリームは、そのまま冷蔵庫で保存します。 保存温度が3℃以下ですので、常温保存はできません。 保

続きを読む

納豆の保存方法と賞味期限は?

納豆は、賞味期限が意外に短く 1週間ちょっとしかありません。 賞味期限なんで、過ぎても問題ないのですが、 保存方法が良くなければ、品質が損なわれてしまいます。 こちらでしっかりと保存方法を学んでいきましょう。 納豆の常温保存は? 常温保存できるのですが、しても10℃以下になる 季節だけにしておいた方がよいでしょう。 というのも、納豆菌は生きており、暖かい場所に出ると 活動を始めま

続きを読む

刺身の保存方法と賞味期限は?アレンジ料理のおすすめは?

刺身は、基本はチルド室かパーシャル室で保存します。 冷凍してしまうと、解凍したときにカスカスになったりして 美味しくありませんので、どうしてもという場合以外は 冷凍しないようにしましょう。 また、刺身の種類によって保存期間が異なりますので、 しっかりとチェックしておきましょう。 刺身の冷蔵保存は? 刺身は、パックのままですと刺身から出てきた汁(ドリップ)によって 早く傷んでしまいま

続きを読む

カレーの保存方法と賞味期限は?

カレーは、常温で保存すると菌が繁殖してしまいますので、 基本的には冷蔵保存が良いでしょう。 3日以上保存する場合は、冷凍保存するのがベストです。 ただし、冷凍の場合は注意点があります。 カレーの常温保存は? カレーの常温保存は、菌の繁殖を招くので、 冬であっても基本的にはしない方が良いでしょう。(夏など暖かい時期は常温保存しないように!) しかし、どうしても常温で保存しなければならな

続きを読む

牛肉の保存方法と賞味期限は?

牛肉は、空気に触れる部分が少ないものほど 保存が長くなります。 つまり、塊(ブロック)のものが一番保存が長く、 スライスされていくほど短くなり、 ひき肉が一番保存に適していません。 塊(ブロック)>厚切り>角切り>薄切り>細切れ>ひき肉 この順番で保存が効きます。 牛肉の常温保存は? 季節に関係なく常温保存はやめましょう。 雑菌などの繁殖を早めてしまいます。 特に暑い時期は、菌

続きを読む

手作りドーナツの保存方法と賞味期限は?

手作りドーナツは、市販のドーナツと違って、 保存料などが含まれていない分 日持ちはしません。 ただし、保存方法によっては長く保存することができます。 手作りドーナツの常温保存は? ドーナツは油で揚げているため、 すぐに腐るということはありません。 短期間でしたら常温保存が可能で、 その場合は、ドーナツが冷めたらラップに包んで、 日の当たらない涼しいところで保存します。 ただし、

続きを読む

ミスタードーナツの保存方法と賞味期限は?

ミスタードーナツをたくさん買って余ってしまった。 明日の朝食やおやつにと残すことってありますよね。 そんなときどうやって保存したらよいのでしょうか? また、賞味期限はいつまでもつのでしょうか? お問い合わせ窓口に直接聞いてみた結果・・・ 電話:0120-112-020 直接聞いてみると、保存はできず、 当日食べることを想定して作っているとのこと。 たしかに、美味しく食べるのは当

続きを読む

チャーハンの保存方法と賞味期限は?どうすれば長く保存できる?

チャーハンの保存は、短期間なら冷蔵庫で保存。 長期間なら冷凍してしまいましょう。 常温で保存すると傷みが早いため、 季節に関係なく常温保存は避けた方が良いでしょう。 チャーハンの常温保存は? チャーハンがある程度冷めたらラップをして 涼しい『寒い)ところで保存します。 ですが、常温保存は寒い時期限定です。 暑い時期(特に夏)に常温保存すると、 細菌が繁殖して食中毒の原因となります

続きを読む