『あ行』から始まるおかずの保存方法についてまとめています。保存期間やどうなったら食べない方が良いのか?についても紹介しております。

うなぎの蒲焼の保存方法と賞味期限は?

土用の丑の日に食べると良いとされる うなぎですが、実は土用の丑とは春夏秋冬 どの季節にも必ず1日はあるので、最低でも 年に4回はあるんですね。 基本的に夏に食べることの多いうなぎですが、 お歳暮などでも贈られることがよくあります。 こちらではうなぎの保存方法はどのようにしたら良いのか? また、賞味期限(日もち)はどのくらい持つのか? について紹介いたします。 常温保存できるの

続きを読む

浅漬けの保存方法と賞味期限は?

きゅうりや白菜、ナスなどを浅漬けにした場合、 ちょっとずつ食べる場合や大目に作った場合は、 保存する必要がありますよね? では、どのように保存するのが一番良いのでしょうか? また、どのくらい日持ちするものなのでしょうか? こちらでは、浅漬けの保存方法と 保存期間について紹介いたします。 どうするのが一番良いのか? 浅漬けは1時間以内で作れるものなので、 通常は食べる分だけ作って

続きを読む

いなり寿司の保存方法と賞味期限は?

いなり寿司を購入したけど余ってしまった。 あるいは、作りすぎてしまった場合 どうやって保存するのでしょうか? 数日だと冷蔵庫?冷凍保存はできるの? など疑問があるかと思います。 そこでいなり寿司の保存方法について 徹底的に紹介いたします。 常温保存だとどれくらいもつの? 常温保存は、季節によって変わってきますが 室温が常に10℃以下の場合だと 常温でも保存が可能です。 それ以

続きを読む

おでんの保存方法と賞味期限は?冷凍保存はできるのか?

おでんを作ると、だいたい1回では食べきれない量に なるっていう人多いんじゃないでしょうか? そこで気になるのが保存方法です。 どのように保存するのが良いのか? また、どれくらいまで保存が効くのか 気になるところ。 こちらでは、おでんの最適な保存方法および さまざまな保存方法について紹介しております。 常温保存の場合は? 季節にもよるかと思いますが、 基本的に常温で保存するのはお

続きを読む

おせちの保存方法と賞味期限は?

正月前におせちを作った あるいは、購入したものが届いた という場合や三が日に残っているおせちを どのようにして保存すればよいか? また、気を付ける点はあるのか どうかなどおせちの保存について 紹介いたします。 おせちの常温保存は? 部屋の温度が10℃以下の場合は 常温保存で問題ありませんが、 暖房が効いていたり 日が入り、日中暖かくなるような 部屋では保存しないようにし

続きを読む

おにぎりの保存方法と賞味期限は?

おにぎりを保存するとき、常温保存は どのようにして行うのか? 冷蔵保存や冷凍保存は可能なのか? おにぎりのにぎり方で、保存期間がかわるのか? そして、腐るとどうなるのか?など おにぎりについて 詳しく紹介しております。 おにぎりの常温保存は? おにぎりはお弁当に入れたり、 そのまま持って行ったり、何かと 常温保存になるかと思います。 ですが、常温保存では、特に夏場

続きを読む

離乳食のおかゆの保存方法と賞味期限は?

離乳食でおかゆを作る機会って 多いですよね? 毎回作れればいいんだけど、 食べる量もちょっとなんで、 どうしても作り置きになります。 では、どうやって保存したら良いのでしょうか? おかゆの常温保存は? おかゆは、水分が多く傷みやすいため 常温保存はできません。 大人ですと、ある程度夏場以外数時間程度なら 置いておけるかもしれませんが、 赤ちゃんは抵抗力がまだついていないため

続きを読む

おかゆの保存方法と賞味期限は?

おかゆは、保存するとどうしても味が落ちてしまいます。 ですので、作り立てを食べるようにしたいですが、 さまざまな事情があり保存を余儀なくされることもしばしば。 こちらでは、おかゆの保存方法について紹介しております。 おかゆの常温保存は? おかゆは水分が多く傷みやすいため 常温での保存はお勧めできません。 もし常温保存するのであれば、 鍋で炊いたのなら、そのままふたをした状態か、

続きを読む

お好み焼きの保存方法と賞味期限は?

お好み焼きは、常温保存ではなく、冷蔵保存 長期間保存した場合は、冷凍保存が良いでしょう。 こちらでは、お好み焼きの保存方法や食べない方が良い 状態などについて紹介しております。 お好み焼きの常温保存は? お好み焼きの常温保存は、菌の繁殖が 活発になるので、基本的にはしないほうが良いでしょう。 常温保存したとしても、冬の寒い時期限定にした方が安全です。 常温保存方法ですが、 お

続きを読む

自家製手打ちうどんの保存方法と賞味期限は?

自家製手打ちうどんは、市販の手打ちうどんのように賞味期限が 書かれていないため、どれくらい保存できるのか、わかりません。 また、保存方法はどのように行うのが良いのか? 徹底的に調べました。 生の状態の手打ちうどんの保存は? 生のうどんは、茹でると保存が効かなくなるので、 茹でずに保存します。 保存方法は、1食分ずつ小分けにしてラップに包んで、 タッパーに入れるか、 ジップ付き袋に

続きを読む