おせちの栗きんとんの保存方法と賞味期限は?

栗のたくさん採れる季節や
お正月など何かと栗きんとんを
作ったり食べたりする機会は
多いかと思います。

こちらでは、お菓子の栗きんとんではなく
おせちに入れるような栗きんとんを
どう保存したらよいのか?
さまざまな保存方法について紹介いたします。

スポンサーリンク


常温保存の場合は?

甘く作れば日持ちしますが、
9月10月などの季節では常温保存は
好ましくありませんので、
その場合は、冷蔵保存します。

お正月など、部屋が寒い時期の場合は、
部屋が常に10℃以下の日の当たらない
場所でラップやタッパーなどに入れて
保存してください。

保存期間(賞味期限)の目安は?

栗きんとんの賞味期限は、2~4日が目安
甘く作り室温が低ければ、5日程度程度もつかと
思いますが、常温なので
早めに食べるようにしましょう。

※購入したものは、説明の指示に従ってください。

保存期間を延ばすには?
保存期間を延ばすには、
砂糖を多くして甘めに作る以外に
レモン汁を少し入れると良いでしょう。
レモン汁を入れると保存期間が
延びるだけでなく、色も鮮やかになります。
栗きんとん

冷蔵保存の場合は?

冷蔵庫で保存する場合も、常温保存と
同じように、ラップやタッパー、
ビンなどに入れて保存します。

ただし、ラップだけではにおい移りする可能性が
ありますので、ラップで包んだ場合は
さらにジップ付袋に入れて
保存した方が良いでしょう。

保存期間(賞味期限)の目安は?

冷蔵保存の場合、甘く作ったもので、5日程度

スポンサーリンク


冷凍保存の場合は?

栗きんとんを小分けにラップに包んで、
フリーザーバッグに入れて
平らにして空気を抜いて保存するか、
タッパーやビンなど密閉できる容器に
入れて冷凍保存します。

解凍方法は?

解凍方法は、
食べる前日に冷蔵庫に移して
自然解凍を行います。
方法としてはこれが一番
劣化しない方法だと思います。

そのほかの方法としては、
常温化で自然解凍を行う。
流水で解凍する。
電子レンジで解凍を行う
という方法があります。

保存期間(賞味期限)の目安は?

冷凍保存の賞味期限は、およそ1か月程度
ただし、冷凍やけすることもありますので、
早めに食べた方が良いでしょう。

腐るとどうなる?どうなったら食べない方がいいの?

  • カビが生えている
  • 異臭がする
  • 糸を引いている
  • 酸っぱい味がする、もしくは酸味が増している
  • すえたにおいがする、変なにおいがする

手作り栗きんとんの場合で、さつまいもを使用した場合に、
さつまいもの皮が入ってしまうと、重層のアルカリと反応して、
1日で青緑っぽくなることがありますが、
食べても問題はありません。
色が色なので、作る際はさつまいもの皮を厚く剥きましょう。

まとめ

栗きんとんの保存は、基本的には
常温保存が良いです。
手作りの場合は砂糖の加減などが
わかりませんので、
冷蔵庫で保存したとしても、
せいぜい3日以内に食べた方が、
お腹を壊しやすい人にも安心かと思います。

たくさん作りすぎてしまった場合は、
冷凍保存で長期保存が可能ですので、
冷凍してしまいましょう。


スポンサーリンク


当サイトの賞味期限表記について

⇒当サイトの賞味期限表記について

当サイトの保存期間はあくまでも目安ですので、
食べれるかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。

コメントを残す



CAPTCHA