かぶの保存方法と賞味期限は?

かぶの保存温度は、0℃と言われています。 冬場は、常温保存できますが、基本は野菜室での 保存に適した食材です。 自宅にかぶがたくさんあったり、使う予定が ない場合は、冷蔵保存をすると良いでしょう。 そのままのかぶの保存方法は? そのままの状態だと、葉がついていますので、 かぶから葉を切り落とします。 葉を付けた状態にしておくと、栄養分や水分が 葉に持っていかれ、スが入りやすくなり

続きを読む

レタスの保存方法と賞味期限は?

レタスを1玉買ったけど、使いきれず冷蔵庫に 保存している、あるいは、たくさんもらって 使いきる自信がなかったりしたとき、 レタスの賞味期限ってどれくらいなのか? 気になりますよね?詳しく調べてみました。 丸のままのレタスの保存方法は? 保存方法は、レタスの芯を手でくりぬきます。 くりぬく際は、手の小指側で芯(切ってあるところ)を ドンとパンチ(チョップ)するように叩くとキレイに芯を

続きを読む

ブロッコリーの保存方法と賞味期限は?

ブロッコリーの保存温度は、0℃~5℃。 常温には適しません。 生のままも、茹でたものも保存があまり効きません。 一度に使いきれない人は、冷凍保存しましょう。 生のブロッコリーの保存方法は? 生のまま保存する場合は、周りについている葉を 取り除いてから、軽く湿らせた、新聞紙かキッチンペーパーに包み その上からラップで包むか、ポリ袋に入れて 野菜室で立てて保存します。 生の状態で保存

続きを読む

きゅうりの保存方法と賞味期限は?

きゅうりの保存温度は、10℃前後。 冷やしすぎると低温障害を起こしてしまい 鮮度が著しく低下してしまいます。 冷やしすぎには注意しましょう。 そのままのきゅうりの保存方法は? 冬場は常温保存が可能で風通しの良い冷暗所で保存します。 その他の季節は野菜室での保存が良いでしょう。 保存方法は、きゅうりの水気をふき取り 1本ずつ新聞紙かキッチンペーパーで包んだ後、ラップをします。

続きを読む

にんにくの保存方法と賞味期限は?

にんにくは常温保存に適している食材ですが、 野菜室に入れる事も可能です。 また、長く持たせたいのであれば、 冷凍保存すると保存期間が飛躍的にあがります。 そのままのにんにくの保存方法は? にんにくの保存方法は、 日陰で風通しが良く、湿度の低いところで ネットのまま吊るしておくと長持ちします。 冷蔵保存する場合は、 玉(株)のまま一つ一つ新聞紙に包んで野菜室で保存すると 比較

続きを読む

玉ねぎの保存方法と賞味期限は?

玉ねぎをたくさん買った、あるいはもらった。 という場合は、しばらく保存することになると思います。 そこで気になるのが、どうやったら長く保存できるか? だと思います。徹底的に玉ねぎの保存方法について 調べてみました。 そのままの玉ねぎの保存方法は? 玉ねぎは、湿気に弱いため冷蔵庫の保存よりも 常温で風通しが良く日の当たらない場所の方が長持ちします。 ※袋に入れて保存すると、湿気がこも

続きを読む

にんじんの保存方法と賞味期限は?

にんじんをもらったり、セールをしていて 思わずたくさん買ってしまったり、 もらったりすると、うまく保存していかなければ、 腐らせることになったりしわしわになって味が落ちたりします。 そこで気になるのが、にんじんの保存方法です。 そのままのにんじんの保存方法は? にんじんは比較的長く保存できる野菜です。 しかし、保存方法がうまくいかないと、 日にちが経つごとに表面がシワシワになってき

続きを読む

じゃがいもの保存方法と賞味期限は?

じゃがいもをたくさん買った、あるいはもらったり したとき、腐らせるのはもったいない。 長持ちする保存方法はないだろうか? と、気になりますよね? 徹底的にまとめてみました。 そのままの状態での保存方法は? じゃがいもは通常、湿気の少ない冷暗所で保存をします。 じゃがいもは湿気を嫌いますので、風通しの良いところに置き 一つ一つ新聞紙に包んで保存すると湿気を防ぐことができます。 一つ

続きを読む

もやしの保存方法と賞味期限は?

もやしは保存があまり効かない食材です。 少しでも長くもやしを保存するためには、 どのようにしていけばよいのでしょうか? 詳しく調べてみました。 そのままの状態での保存方法は? もやしは常温で保存できません。 季節によっては数時間で腐ることもありますし、 1日もつ場合もありますが、非常に傷みやすい食材ですので、 常温で置いておくということがないようにしましょう。 もやしの保存温

続きを読む

大根の保存方法と賞味期限は?

大根の収穫時期にたくさんもらったり、 大根の安売りで、買ってみたものの使う予定がなかったり、 半分使ったけど、もう半分はどうやって保存するんだろうか? ということで、大根の保存方法について徹底的に調べてみました。 そのままの大根の保存方法 保存方法は、葉が付いている場合は 葉の部分を切り落とします。 その際大根本体のギリギリで切り落とすのではなく、 2cm程度上で切ると保存しやすく

続きを読む