ピーマンの保存方法と賞味期限は?

ピーマンの保存温度は10℃程度。 温度が上がらなければ常温での保存が可能です。 通常は、冷蔵庫の野菜室での保存になります。 水気に弱いので、しっかりと水気を取ってから 保存しましょう。 そのままのピーマンの保存は? ピーマンは水気が付いていると、傷みやすいので、 キッチンペーパーなどでしっかりと拭いてから、 一つ一つ新聞紙かラップに包んで、 ポリ袋かジップ付袋に入れて冷蔵庫の野菜

続きを読む

そのまま冷凍法!下茹でせずとも大丈夫!?

野菜などを冷凍する際は、ブランチング(下茹で)してから 冷凍するのが基本ですが、あることをすると 生のままでそのまま冷凍することができます。 そのあることとは?単純なことなので試してみてください。 そのまま冷凍法手順 これだけです!! 水気は、キッチンペーパーなどでしっかりと ふき取ってくださいね。 金属トレーに乗せるのは、金属は熱伝導率が良いため、 すぐに凍らせることが

続きを読む

ブランチングとは?その効果や方法は?

ブランチングとは、野菜を冷凍するときに 茹でたり蒸したりといったような加熱処理を施す方法です。 ブランチングを行なうことによって、野菜に冷凍耐性ができ、 解凍後にベチャベチャになりにくくなったり、 酵素や微生物の働きを止めることができるため、 変色を抑え保存期間を長くすることができるのです。 ブランチングと難しいこと言ってますが、簡単に言ってしまえば 『下茹で』のことなんです。

続きを読む

パセリの保存方法と賞味期限は?

パセリの保存温度は、0℃付近。 保存は常温よりも冷蔵保存の方が向いているでしょう。 長期保存する場合は、乾燥させるか冷凍保存が 好ましいです。 そのままの状態のパセリの保存は? そのままの状態のパセリは、新聞紙に包んで ポリ袋に入れて、野菜室で保存しても良いですが、 長期保存させたい場合は、 コップに水を入れ、そこに茎からつけて、 全体をビニール袋で覆い冷蔵庫で保存します。 水

続きを読む

セロリの保存方法と賞味期限は?

セロリは、保存状態にもよりますが、 およそ1週間程度もつ食材です。 基本は、野菜室での保存となりますが、 長期保存したいのであれば、冷凍保存することもできます。 ただし、冷凍の場合は、調理法が制限されます。 そのままの状態の保存は? そのままの状態になっているセロリは、 葉付きの場合は、葉を茎から切り離します。 乾燥防止のために根元部分を塗れたキッチンペーパーで 覆いラップか新聞

続きを読む

しいたけの保存方法と賞味期限は?

しいたけは、湿気や水気に弱い食材です。 保存する際は、濡らさないようにしましょう。 また、生の状態で保存するよりも、 干したり凍らせたりしたほうが、 保存も栄養も味も高まります。 生のしいたけの保存は? 新聞紙やキッチンペーパーに包んで、ポリ袋にいれて 軸を上にして野菜室で保存します。 しいたけは湿気が苦手なので、直接ラップをしたり ポリ袋に入れてしまうと水滴がついてしまい 傷

続きを読む

えのきの保存方法と賞味期限は?

えのきは、低温で栽培されますので、 基本冷蔵保存となります。 また、水分に弱いため、保存する際は 決して洗わないようにしましょう。 袋のままのえのきの保存は? えのきは袋に入った状態で販売されていますが、 このまま野菜室に入れても、あまり保存は効きません。 長持ちさせる場合は、袋から取り出して 新聞紙に包んでポリ袋に入れて野菜室で保存します。 冬場ですと、冷暗所での保存はできます

続きを読む

長ネギの保存方法と賞味期限は?

長ネギ(白ネギ)の保存温度は0~2℃。 基本は冷蔵庫の野菜室で保存します。 長期保存する場合は、冷凍保存が良いでしょう。 そのままの長ネギの保存は? 切っていないそのままの長ネギは、新聞紙に包んで ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室に保存します。 できれば、立てて保存した方が望ましいです。 冬の場合は、同じ要領で冷暗所にて保存することができます。 根(ヒゲ)が付いているものは、青い部

続きを読む

万能ねぎの保存方法と賞味期限は?

万能ねぎはそのままの状態だと乾燥に弱いため、 できるだけ湿らせてあげることにより、長持ちします。 保存場所は、基本冷蔵庫の野菜室となります。 長期保存するのであれば、冷凍保存すると良いでしょう。 そのままの状態の万能ねぎの保存は? 根の部分に湿らせたキッチンペーパーをあてて(包んで) 全体を湿らせた新聞紙に包んだあと、上からラップに包むか ポリ袋に入れて、野菜室で保存します。 でき

続きを読む

里芋の保存方法と賞味期限は?

里芋は、温度や乾燥に弱い食材。 保存する際は、注意が必要ですが、 常温で長期保存できますし、 冷凍保存することでも長期保存ができますので、 使いやすい食材と言えるでしょう。 そのままの状態の里芋の保存は? 里芋の保存は、乾燥させないことがカギとなります。 泥つきのものは、洗わずにそのままの状態で、 新聞紙やキッチンペーパーで包んで 夏場は風通しの良い冷暗所(常温)で保存し、 冬

続きを読む