小松菜の保存方法と賞味期限は?

小松菜は出来るだけ早く食べた方が良いと 言われるほど、傷みやすい野菜です。 乾燥に弱いのですが、葉に直接水分が付くと、 その部分が傷みやすくなるので注意が必要です。 そのままの状態の小松菜の保存は? 切り口を濡らしたペーパータオルで包み、新聞紙で包むか ビニール袋に入れて、冷蔵庫の野菜室に立てて保存します。 もしくは、軽く湿らせた新聞紙に包んでビニール袋に入れて 立てて保存します。

続きを読む

オクラの保存方法と賞味期限は?

オクラの保存温度は、10℃前後。 5℃以下になると、低温障害を起こしてしまいますので、 通常は冷暗所での保存に適しています。 暑すぎる場合は、冷蔵庫の野菜室に入れて保存します。 あまり日持ちしない野菜なので、 長期保存するのであれば、冷凍保存が適しています。 そのままの状態のオクラの保存は? 新聞紙やキッチンペーパーに包んで、 冷暗所で保存します。 暑すぎる場合は、新聞紙などで包

続きを読む

ゴーヤの保存方法と賞味期限は?

ゴーヤはまるのままでは鮮度が みるみる落ちていきますので、 長く保存したいなから中のワタと種を 取り除き冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。 冷凍することでさらに長期保存が可能です。 丸のままのゴーヤの保存は? 切っていない丸のままの状態で保存するには、 新聞紙に包んで、冷暗所で茎がついてた方を 上にして立てて保存します。 保存期間(賞味期限)の目安は? 丸のままのゴーヤの賞味期限

続きを読む

枝豆の保存方法と賞味期限は?

枝豆は、収穫したらどんどん栄養が 奪われていきますので、早めに茹でましょう。 あまり日持ちはしませんので、長期保存したい場合は、 冷凍保存が良いでしょう。 生の枝豆の保存は? 茹でていない生の枝豆は枝つき枝なしに関わりなく 手に入れたらすぐに茹でてください。 生の状態で置いておくと、枝豆自身の糖分の分解により 栄養や風味がどんどん落ちていきます。 もし生の状態で保存するのであ

続きを読む

バナナの保存方法と賞味期限は?

バナナの保存温度は、15℃と言われており、 25℃以上になると傷みやすくなり、 13℃以下になると成熟が止まってしまいます。 ですので、夏場30℃を超す時期だと 冷暗所での保存もしくは、熟してから冷蔵庫で保存。 冬場だとリビングなど人のいる場所での 保存が良いでしょう。 何もしない状態での保存期間(賞味期限)の目安 そのままの状態のバナナの保存は? バナナを袋から取り出し

続きを読む

とうもろこしの保存方法と賞味期限は?

とうもろこしは、お湯を沸かしてから 採りに行けと言われるくらい鮮度に 気を遣わないといけない食材です。 生のまま保存せずに、すぐに加熱した方が 良いでしょう。 生の状態のとうもろこしの保存は? とうもろこしは、収穫しそのままにしておくと みるみる糖分が失われていくため、すぐに湯がきましょう。 茹であがったら熱いうちにラップをして、冷めたら冷蔵庫で保存します。 また、甘みは若干

続きを読む

生姜の保存方法と賞味期限は?

生姜の保存温度は、13℃程度。 そのままの場合は、冷蔵庫で保存するよりも 冷暗所で保存する方が望ましいです。 ですが、保存法によっては長期保存できる食材なので、 保存法によって合わせていくと良いでしょう。 そのままの状態の生姜の保存は? 新聞紙かラップに包み、風通しの良い冷暗所で保存します。 切ったものを使用する場合は、切り口が乾くため その部分を切って使用すると良いでしょう。

続きを読む

山芋の保存方法と賞味期限は?

山芋の保存温度は、1~3℃。 光と水気を嫌うので、涼しい時期は、 冷暗所での保存が良いでしょう。 暖かい時期は、冷蔵庫の野菜室で保存します。 そのままの状態の山芋の保存は? 切っていない丸のままの山芋は、 新聞紙に包んで風通しの良い冷暗所で保存します。 おがくずの中に入れて保存すると、 さらに長持ちします。その際は、段ボールなどの箱に 入れて保存します。 夏場など暖かい時期

続きを読む

れんこんの保存方法と賞味期限は?

れんこんは、元々水の中で生きています。 ですので、乾燥を極端に嫌います。 保存の際は、極力空気に触れないようにし、 乾燥を防ぐようにしましょう。 そのままの状態のれんこんの保存は? 一節丸ごとの場合は、濡れた新聞紙に包んで ビニール袋に入れて、野菜室で保存します。 泥がついたものは、泥を落とさずに保存します。 節の途中で切れているものは、穴のところに空気が入ると 変色したり水

続きを読む

ほうれん草の保存方法と賞味期限は?

ほうれん草の保存温度は0℃。 冬場は常温でも保存できますが、 基本的には、冷蔵庫の野菜室で保存するのが、 望ましいです。 いったん茹でると、あまり日持ちしませんので、 茹でるのであれば、冷凍保存しましょう。 そのままのほうれん草の保存は? 葉から水分が蒸発するため乾かないようにするのがポイント。 湿らせた新聞紙に包み、ビニール袋に入れて野菜室で 葉が上になるように立てて保存します

続きを読む