カニカマの賞味期限切れはいつまで食べられるの?

カニカマ

カニカマの賞味期限は1本ずつフィルムで巻かれているものは1週間程度、 プラスチックパックにまとめて入っている物は5日程度、 真空パックのものは15日程度になっています。 これを過ぎると賞味期限切れになるのですが、そこからいつまで食べることが出来るのでしょうか? 開封後の賞味期限と合わせて紹介致します。 カニカマの賞味期限切れはいつまで食べられるの? 賞味期限は消費期限と異なり美

続きを読む

生エビの保存方法と賞味期限は?

生エビ

生エビを購入してきた場合やもらった場合などに 保存が必要になるかと思います。 その場合、どのように保存すれば良いのでしょうか? こちらでは生エビの保存方法と賞味期限について紹介致します。 常温保存は? 生エビの常温保存はNGです。 生なので傷みやすいため、暑い夏場以外でも 常温で半日も放置しておくと腐る可能性があります。 保存する場合は、冷蔵庫で保存するのが良いでしょう

続きを読む

甘エビの保存方法と賞味期限は?

甘エビ

甘エビを買ってきた場合でその日のうちに食べれない場合に 保存が必要になってくるかと思います。 その場合、どのように保存すれば良いのでしょうか? こちらでは甘エビの保存方法と賞味期限について紹介致します。 常温保存は? 甘エビは生のため傷みやすく常温保存は出来ません。 夏場など暑い時期に半日も常温に置いておくと 腐る可能性があります。 一応常温に置いておける時間を書くと

続きを読む

魚の煮付けの保存方法と賞味期限は?

魚の煮付け

魚の煮付けが余った場合や作り置きしたい場合に、 保存が必要になってきます。 では、魚の煮付けはどのように保存すれば良いのでしょうか? こちらでは、魚の煮付けの保存方法と賞味期限について紹介致します。 常温保存は? 煮魚の種類、だしの濃さ、生姜を入れたか、 お住まいの地域や季節、室温などによっても変わってきますが、 基本的には常温での保存や放置はしないようにしましょう。

続きを読む

しらすは冷凍保存が向いている!冷蔵保存などはできるのか?

しらすといっても生しらす、釜揚げしらす、しらす干しなど様々な種類があります。 それぞれどのように保存するのが良いでしょうか? こちらでは、しらすの保存方法と賞味期限について紹介致します。 常温保存はNG 生しらす、釜揚げしらすは水分量が多いため常温保存は、 やめておいた方が良いです。しらす干しでさえ水分量は50~60%と高いため こちらも季節関係なく常温保存はしない方が無難です

続きを読む

アンチョビの保存方法と賞味期限は?

アンチョビの缶詰や瓶詰。一回で使い切らず残ってしまうことって結構ありますよね? では、一度開封したらどのように保存したら良いのでしょうか? また、どのくらいの期間日持ちするものなのでしょうか? こちらでは、開封したアンチョビの保存方法について 徹底的に紹介しております。 常温保存は? アンチョビは開栓前は、常温保存でも良いのですが 一度開栓すると雑菌が入り込むため、あまり日持ちしませ

続きを読む

余ったツナ(シーチキン)の保存方法と賞味期限は?

ツナっていろいろな料理に使ったりしますよね。 でも、残ってしまったらどうやって保存しておけばいいのだろう? と、疑問も出てくると思います。こちらでは余ったツナ(シーチキン)の 保存方法と賞味期限について紹介いたします。 冷蔵保存の場合は? 油入りのツナであっても、ノンオイルのツナであっても、 保存される場合は、缶のままだと缶のふたの切り口がさびたり、 中身より先に缶そのものが傷む恐れ

続きを読む

あさりの保存方法と賞味期限は?

スーパーで買ってきたあさりや 潮干狩りでとってきたあさりが その日のうちに食べれないなど 保存が必要な場合、どのように保存したら 良いのでしょうか? また、どれくらい日持ちするのでしょうか? こちらではあさりの保存方法と賞味期限について 紹介いたします。 あさりの常温保存は? あさりの保存温度は、10~15℃程度なので 常温保存には向いていません。 特に春先や初夏、夏場など気

続きを読む

焼きさんまの保存方法と賞味期限は?

さんまを焼いたはいいけど、 急な用事でその日食べれなくなったり、 前もって焼いたものを保存するにはどうしたら いいのか?など人によって保存する理由は 違うと思います。 こちらでは焼きさんまの冷蔵保存や冷凍保存、 解凍方法などについて紹介しております。 焼きさんまの冷蔵保存は? 焼いたさんまを冷蔵保存する場合、 アツアツの状態ではなく 冷ましてから、ラップで隙間なく包んで

続きを読む

さんまの保存方法と賞味期限は?

さんまの冷蔵保存や冷凍保存、 内臓を付けた状態での最適な保存、 冷凍後の解凍方法など詳しく紹介しております。 そのままのさんまの保存は? 内臓を取っていない包丁を入れていない そのままのさんまは、さんまを丸ごと 味わいたい人におすすめです。 その場合、さんまを氷水につけておくのですが、 タッパーや発泡スチロールに海水程度の塩を入れて、 氷を入れ、さんまを入れ保存します。

続きを読む