かき揚げの保存方法と賞味期限は?

かき揚げ

かき揚げが余ったしまった場合や作り置きしたい場合に、 保存が必要になってくると思います。 では、どのように保存すれば良いのでしょうか? こちらでは、かき揚げの保存方法と賞味期限について紹介致します。 常温保存は? かき揚げを常温で保存した場合、およそ6時間程度までは保存が可能ですが、 それ以上保存すると油がまわり美味しくなくなります。 また、夏場など暑い時期は油のまわ

続きを読む

ピラフの保存方法と賞味期限は?

ピラフ

ピラフが余った場合や作り置きしたい場合、 どのように保存すれば良いのでしょうか? こちらでは、ピラフの保存方法と賞味期限について紹介致します。 常温保存は? 常温保存は基本的にNGです。 あら熱が取れたらすぐに冷蔵庫で保存した方がいいでしょう。 しかし、お弁当に入れることもあるかと思います。 その場合は、あら熱が取れたらフタをして、 直射日光の当たらないできるだけ涼しい

続きを読む

バターライスの保存方法と賞味期限は?

バターライスが余ってしまった場合や作り置きしたい場合に、 保存が必要になってきます。 では、どのように保存すれば良いのでしょうか? こちらでは、バターライスの保存方法と賞味期限について紹介致します。 常温保存は? バターライスの常温保存は基本的にNGです。 あら熱が取れたら冷蔵庫での保存が適しています。 ですが、お弁当に入れることもあるかと思います。 その場合、あら熱が取れたら

続きを読む

リゾットの保存方法と賞味期限は?

リゾット

リゾットを保存する際、お米は固めに作った方が 保存に向いています。 リゾットが余った場合や作り置きしたい場合、 どのように保存すれば良いのでしょうか? こちらではリゾットの保存方法と賞味期限について紹介致します。 なお、離乳食のリゾットも下記に記してある通りになります。 常温保存は? リゾットの常温保存は基本的にNG。 保存するなら冷蔵庫で保存するようにしましょう。

続きを読む

赤飯の保存方法と賞味期限は?

赤飯

赤飯が余った場合や作り置きしたい場合に 保存が必要になってきます。 その場合、どのように保存すれば良いのでしょうか? こちらでは、赤飯の保存方法と賞味期限について紹介致します。 常温保存は? 赤飯の常温保存は基本的にNGです。 しかし、常温で保存しなければならない時もあるかと思います。 その場合、密閉できるタッパーなどに入れて できるだけ涼しいところで保存します。

続きを読む

雑炊の保存方法と賞味期限は?

雑炊

雑炊が余った場合や多量に作った場合 どのように保存すれば良いのでしょうか? こちらでは雑炊の保存方法と賞味期限について紹介致します。 常温保存は? 雑炊の常温保存は基本的にNGです。 雑炊の置いておける時間は20分程度。 それ以上置いておくとお米が汁を吸ってしまい できたてのような味を楽しめません。 ですので、美味しく食べるなら出来たてが良いのですが、 どうしても置い

続きを読む

ミートローフの保存方法と賞味期限は?

ミートローフ

ミートローフが残ってしまった場合や作り置きしたい場合に 保存が必要になってきます。 では、ミートローフはどのように保存すれば良いのでしょうか? こちらではミートローフの保存方法と賞味期限について紹介致します。 常温保存は? ミートローフの常温保存は基本的にNGです。 しかし、お弁当に入れる場合もあるかと思います。 その場合、あら熱が取れたらお弁当に入れて 直射日光を

続きを読む

メンチカツの保存方法と賞味期限は?揚げる前揚げた後

メンチカツ

メンチカツが余った場合や作り置きしたい場合、 あるいは翌日などに揚げたい場合に保存が必要になってくるかと思います。 そこでこちらでは、揚げる前のメンチカツと揚げた後のメンチカツの 保存方法と賞味期限について紹介致します。 常温保存は? 常温保存は、基本的にNGです。 しかしお弁当に入れる場合もありますよね。 お弁当に入れる場合は、あら熱が取れてからお弁当に入れて、

続きを読む

茶碗蒸しの保存方法と賞味期限は?

茶碗蒸し

茶碗蒸しが余った場合や作り置きしたい時に 保存が必要になってくるかと思います。 そんな場合、どのように保存すれば良いのでしょうか? こちらでは茶碗蒸しの保存方法と賞味期限について紹介致します。 常温保存は? 卵料理は傷みやすいため、茶碗蒸しは基本的に常温保存はNGです。 あら熱が取れたら冷蔵庫で保存しましょう。 しかし、常温に置き忘れていたということもあるかもしれませ

続きを読む

魚の煮付けの保存方法と賞味期限は?

魚の煮付け

魚の煮付けが余った場合や作り置きしたい場合に、 保存が必要になってきます。 では、魚の煮付けはどのように保存すれば良いのでしょうか? こちらでは、魚の煮付けの保存方法と賞味期限について紹介致します。 常温保存は? 煮魚の種類、だしの濃さ、生姜を入れたか、 お住まいの地域や季節、室温などによっても変わってきますが、 基本的には常温での保存や放置はしないようにしましょう。

続きを読む